スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
寝たら書く気なくなった・・・
2008-02-28 Thu 23:59
昨日、思いついたネタをだーーーっと書いたのはいいんだけど、翌日仕事だったから30時ぐらいになって寝ました。
で、今日書こうと思ったのですが、どうも気分が乗らない。
まぁ書いたやつを消すのももったいないので晒してみる。


---------------------------------------------------------------------

王宮から、村の近くの洞窟にモンスターが住み着き、更に若い娘達が連れ去られていたので、討伐するように我々ロザリア国第三騎士団に命令が下されたのは一ヶ月前。
近隣国家と不穏な空気が流れており、また首都から遠い為に騎士団の中でも選りすぐり、少数のメンバーで出発し、村で英気を養い、洞窟の攻略を開始したのが半月前。
敵は大多数がゴブリンだったので、我々討伐部隊は順調に制圧していった・・・

敵の編成から最深部にはホブゴブリンかゴブリンシャーマン、僅かな可能性として闇の魔法使いだろうと我々は推測。
もちろん、出発する以前にあらゆる状況に対応できるよう、こちらも魔法使いや神官を連れてきており、この作戦は必ず成功すると確信していた。

だが、最深部の手前には未知の生物が巣くっており、剣や魔法は文字通り刃が立たず、鎧は紙切れも同然で、やつの触手や牙に貫かれていった。

前線で戦っていた騎士達が一人、また一人と命を落とし、隊長の私はかろうじて即死は避けられたのだが、出血と激痛のために身動きが一切とれなくなってしまった。
段々薄れてゆく意識の中で、残された魔法使いや神官たちの悲鳴を聴いた・・・



どのくらい時間が経ったのだろう。私は目を覚ました。
幸いにも痛みは弱まり、出血も止まっていた。

私は周りを見渡した。場所は討伐命令の下された洞窟の最深部手前、あの未知の生物と交戦した場所だ。
周りには敗戦の痕跡、騎士や魔法使いらの亡骸があった。

私は生存者がいないか痛みや哀しみを堪えてそれらを数えた。
・・・3人足りない。

私はわずかな希望が胸に宿ったことを実感し、周囲の状況を再度確認した。
と、散乱した布切れや杖の残骸があった。それも3箇所。

私は最悪の可能性を想像してしまった。


と、遠くのほうから音がした。
私は警戒しつつ、そちらのほうに進んでいった。





その方角は洞窟の最深部だった。
しかもそちらからは予想以上の熱気と・・・臭気が立ち込めていた。

私は物陰に身を隠しながら様子を見た。

そこには身体の大小はあれど、さきほど戦った生物が何匹もいた。
そしてそこは・・・生き地獄だった。


顔は見えないが、何人もの女達が犯されていた。
あるものは剣すら効かぬ触手で。あるものは成人男性の二の腕もある性器で。

離れた場所には両腕を天井に縛られた女性達がいた。よく観ると・・・お腹が膨らんでいた。
もはや臨月の女性のお腹を超え、まるで風船のほうに膨らんだ女性たち。おそらく涼われた村の女性だろう。
やつらは女達を掠ってはここで繁殖をしていたのだ。


最悪な状況に違いないが、最深部で何が起こっているのかわかったので王宮に報告しようと撤退しようと思った瞬間、聞き覚えのある声がした。
今まさに、あの生物に犯されようとしている女からだ。

顔を見ようと目を凝らすと・・・見知った顔だった。
彼女は・・・アリサ・シュヴァリエは我ら第三騎士団の紅一点だ。
気高く、そして厳しいが、優しさをもった魅力的な女性。
そして戦場では男顔負けの戦果を挙げ、ついた二つ名は女獅子。
誰も傷つけることができないと思われていた彼女が、得体の知れない生物に純血を奪われようとしていた。

幸運にもアリサを犯されようとしている場所は出口に近く、そして群れからも離れていた。
もし、私が動けば彼女も動くだろう、それも私の考えを即座に理解できるだろう、と。
だから私は動いた。


その後のことは良く覚えていない。
だが、私が襲い掛かった瞬間、やつは混乱し、彼女は安全圏まで離脱してくれた。
後ろから聞き覚えのある声もしたが、脱兎のごとく洞窟から逃げ始めた。
途中でゴブリンたちに遭遇することもなく、無事に村に着き、万が一のために待機させていた若い兵を王宮まで伝言を頼み、私とアリサは村人に事情を話して一時的に村から非難してもらった。
そのまま私たちは馬を走らせ、お互い無言のまま王都に向かった。

洞窟で敗戦した数日後、私はアリサは謁見の間に呼び出された。
処罰を下されるのかと思いきや、我らが王や騎士団長は咎めるどころか、村人のため、ひいては国民のために重大な情報をもたらしてくれたことを褒めたたえた。
そしてゆっくり怪我を癒す為に除隊扱いにすることを告げられた。
だが私は、仲間を何人も死なせたこと。生き残っているであろう仲間を見捨てたことで頭が一杯だった。


それから数日。
王宮では村人の一時避難先での調停や再討伐のための準備などが行われているらしい。
というのも、私は謁見の間に呼び出されたあの日から郊外にある自宅に篭っているからだ。
いや、厳密には違う。あの戦いで受けた傷が痛み出して動けないからだ。
医者にも見せたのだが、おそらく治りかけだからだろう。とあまり相手にされなかった。

同じ生き残りのアリサは、時間を見ては見舞いにきてくれた。どうやら原隊復帰したらしい。
同僚によると、彼女自身も辛い経験をしたはずなのに騎士団にいるときはその素振りを見せていない・・・らしい。
だが見舞いに来てくれたとき、時々苦しそうな顔をしている。
たった一人、地獄から逃げ出したことが彼女も苦しめているのだろう。



そして今日。
2日前から痛みが治まり、医者も大丈夫と太鼓判を押してくれたので原隊復帰をした。
仲間から手荒い歓迎も受けたが、誰も討伐失敗を責める奴はいなくて嬉しい反面、少し・・・辛かった。


その夜、書斎で調べ物をしている最中、予想外の人物が私を訪ねてきたことをメイドから聞かされた。

トントン・・・

「どうぞ」
「失礼・・・します・・・」
アリサが訪ねてきたのだ。
彼女は入口の戸を閉め、その場に立ち尽くし、下を向いたまま無言だった。
「・・・どう・・・しました?」
それでも彼女は無言だった。
外から聞こえる虫の声と蝋燭の燃える音が部屋を支配していた。

どれだけの時間が過ぎたのだろう。
彼女が口を開いた。

「・・・なんで、私だけを助けてくれたのですか?」

私は言葉に詰まった。
たしかにあの状況から考えれば、あと二人あの場にいた可能性があった。

「私だけ助けてもらっても・・・あそこでメリアたちと一緒に残されたほうが・・・」

私は答えられなかった。

あの時、あの状況から彼女助けることが良い判断だと思っていた。
だけど・・・メリアやリタ、そして涼われた村の女性達を見捨てて自分だけ助かったことが許せないのだろう。




展開予定
アリサが隊長へやや依存(告白あり?)→隊長魔物化→アリサを壊す→王都で魔物繁殖→王国崩壊END

---------------------------------------------------------------------

ええ、物書きじゃないから酷いもんですよ。

気が向いたら書き足していきます。



そういえば・・・明日は4年に1度の2月29日だ。

3月は遠いね。
スポンサーサイト
別窓 | 物書き | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
望んだ未来へ辿りつく可能性
2008-02-26 Tue 23:59
人間は、『こんな未来になったら・・・』という想いを夢や願望という言葉で表現します。
ですが、その願いが叶うには夢や願望の内容がかなり現実的なものに限られる・・・というより、夢や願望を寝言や戯言や不可能と言い張って、その方向へ向かう希望すら奪っていくのが今の世の中だったりします。
自称『大人』たちの戯言は昔から嫌いで、出来る限り反抗はしてきましたが・・・

本日のお題 『望んだ未来へ辿りつく可能性』ですが、未来というものは非常に不安定なもので、些細なことで容易に変化していきます。

例えば、世界中の人間が一斉に二者択一の質問に回答することを義務づけられたとしましょう。
計算はめんどくさいので割愛しますが、これだけでも未来は2の60億乗個存在しています。
身近なもので例えれば、この文を最後まで読むか読まないで微妙に違った未来になります。

人生もそうです。
何度もでてくる未来への選択肢を選んでいき、結果、望む望まないは別として何らかの未来へ辿り着きます。

幾つもある選択肢の中から正しい答えを選んでいかなければ、望んだ未来に辿り着くのは難しいでしょう。
一つ選択肢を間違えただけでも、似て非なる未来が待ち構えています。

ただ救いはあります。
方向性の全く違う未来AとBがあったとします。
Aにいきたいけど間違ってBへ進んでしまっても、稀にAに限りなく似た未来A’へ辿り着く選択肢がある、ということです。

しかし条件があります。
Bに進んでしまい、Aにいけないと諦めてしまったら未来Aはおろか、未来A’へも近づくことは不可能になります。


最終未来は一つなんだから、やれるだけやって散ろうや。
別窓 | 戯言 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
いまの心境
2008-02-26 Tue 00:23
圧倒的な物量を前にしても怖くないや。

なんだろ。不安も何もなく、ただ戦うだけってこんなに楽なことだなんて…

…行くよ。



―――――――――――

小説の一節擬きをなんとなく書いてみた。

たまにはこんなのもいいかも。


少し昔の技能を思い出す時間がほしいっす。ちょいとお籠りしたくなった。

今日はおしまい。
別窓 | 放言 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
だいたい
2008-02-22 Fri 01:54
この時間帯にやる『その時歴史が動いた』を観ています。
水曜夜も観てはいるんですが、見逃すことが多くて…
同じパターンで『プロフェッショナル~仕事の流儀~』も再放送の時間帯が多いです。

結果、睡眠時間が削られるわけですが、観る価値はあります。
だって…ためになるんだよ。プロに接する機会は滅多にないもんで…


まぁベストは再放送の時間ではなくて22時に観ればいいんですがね…


今日はおしまい。
別窓 | 放言 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
あたたたた…
2008-02-19 Tue 00:12
バイト先の改装のために段ボール箱を何度も運んでいたら、何度も段ボールの角を二の腕にぶつけて青あざが…
比較的小さめの箱なのでナメてかかったのが失敗です。持ち方を改善せねば…
大きめの段ボールのほうが慣れている虚しさか…


そういえば久しぶりに身体を(まともに)動かしたら、右アキレス腱が痛みました。
なぜ片方かわかりませんが、痛みだしてからはモチベーションがだだ下がり。
それが顔に出したらしく、少々怒られました。

筋力や体力は維持しているようで、簡単に下がりますからね。
また痛みで覚えたよ。


あ、脱線するけど、人間て痛みなくして記憶しないんだよね。
良い思い出は前後の苦労という名の痛みがあったでしょう。
嫌な思い出は心体いずれかの痛みを感じたでしょう。
人間そんなもんだよ。傷を負わずに大人にはなれない。

よほどの運に恵まれるか重度の過保護でなければありえないけど、傷を負わずに大人になるということは…非常に怖いことだよ。
だって痛みという名の成功と失敗の経験がないんだからさ。

痛みから守るのは簡単だけど、その人を一生護れるの?
その人のためを思うなら、傷を負う道を歩ませないと。
厳しさは優しさなんだよ。
わからないことは…最大の不幸なんだよ。

ある意味、ツンデレみたいなもんだけどね。


学校なんか毎日青あざが絶えなければ文句いわないほうがいいよ。子供を一人の人間と見ているならね。



ひで~乱文。

今日はおしまい。
別窓 | 戯言 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
明日はフットワーク軽く…
2008-02-15 Fri 16:38
明日はやることが多いです。
やっとゴールが見えたものや、やらなければならないことが溜まってきたのでまとめて片付けなければ…

明日は自由を封印する。
そして来週に備える。


そういや一ヵ月前にやっと買えたGeneration-AのDVDを今更ながら観てます。
今年こそ(お金があれば)行くぞ~。
別窓 | 放言 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
チマチマやってます
2008-02-14 Thu 15:00
ブラウザのBookmarkもチマチマと整理中。
このブログでいいだしてから30ぐらいは消した?かな。
結構リンク切れがあったりしてビビった。

そういやこのブログ、開設してからそこそこ経っていますが画像ファイル数がそんなに多くないです。
バナーやサムネイルされたものを含めても70以下です。・・・自分でも意外でした。

バナー張替えのときに古い画像を削除しているのが要因かな?
いい事か悪いことか知りませんが、結構しょぼいな~w

なんかチマチマと削る作業が好きだったりする静寂でした。・・・なんだかな~



そういえば、大分昔に漫画やパソコンの普及が活字離れに拍車をかけているとかいう記事を読んだ記憶があります。

活字
活字は、狭義においては活版印刷の際に文字の図形を対象(特に紙)に印字するもので、木や金属に字形を刻み、それにインクをつけて何度も印刷できるようにしたものである。
また広義においては、写真植字の文字盤やデジタルフォントをはじめ、広く文字を同一の字形で繰り返し表現するものを含む。

Wikipediaより引用

狭義だけなら漫画は該当していますし、広義までいけばC言語も該当しますから、一概に活字離れ=漫画やパソコンの普及とはイコールではないですね。
ただ言えることは、『活字』として扱われていた媒体の幅が広がったにも関わらず、集計の対象が何十年以上も変わっていないということです。
広く捉えれば学校で配布するプリントや教科書、補足用の資料、果てはパンフレットやTシャツも該当します。
・・・ここは推測なんですが、おそらく活字としてカウントされているのは新聞と、ライトノベルなど青少年が読むような小説以外の小説(わかりやすくいえばお堅い部類の本)なんだと思います。
正直、小学生が新聞はまだしもお堅い本を読んでいると・・・それはとても異様な光景ですよ。
もちろん読む奴はいますが、限りなくゼロだと思いますよ。

ライトノベルは、高校までいけば卒業してお堅い本を読む奴もいますが、高校時代にそこまでいったやつは1人いたかどうか・・・
新聞も、大抵の小学生は新聞はテレビ欄とスポーツ記事と三面記事ぐらいで、中学ぐらいになれば地域。高校になれば全部いくかもしれませんね。そんな次元。

でも大抵のやつは新聞や小説には目を向けず、雑誌や漫画です。そんなご時勢です。
もし、活字が紙に印刷された書物まで及ぶのなら・・・思ったより活字離れはしていませんよ。

それに、ネットでニュースを読んでいる奴もちゃんとカウントしてあげてね。
ネットにあがっているやつは漫画化されずに、紙面と同じく文字だから。


長々駄文だったけど、どこまで活字と定義するかによって数字は変わるよ、といいたかったのさ。

おしまい。
別窓 | 戯言 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
あうあ
2008-02-13 Wed 23:00
最近、刻々と起床時間が正午を越えています。
仕事自体は夕方からなので間に合うには間に合うのですが・・・目標8時が遠くなっている。
無理やり体内時計を直す方法はあるんだけど、それをやる時は翌日休み+寝てても起こさないが前提条件なので、非常にめんどくさい。

来週から早起きなんだけど大丈夫か、おれ?

明日はバレンタインだけど、多分何事もなかったように日常が起きるんだろうな。

今日はおしまい。
あうあの続きを読む
別窓 | 放言 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
だる…
2008-02-10 Sun 21:32
二日ぶりの仕事。そして履歴書と職務経歴書は提出前に書く部分のみです。

なんか久しぶり&慣れないことで疲れました。

さて、明日もがんばろ~


今日はおしまい。
別窓 | 放言 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
〆切がなくなると・・・
2008-02-10 Sun 02:48
急にヤル気減。
履歴書と職務経歴書はそんなに時間がかからずに仕上がるので、ネックの自己PR文のみです。
手書きのほうがいいと思うのですが、どんな紙でだすのがベストかな?と今さらながら悩んでいたりします。印刷可?
とりあえず一山越えたので最後の関門・・・といったところです。

当初の予定通り月曜提出できるようにしたい・・・な。
別窓 | 放言 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
よほどのことが無い限り・・・
2008-02-09 Sat 03:43
自己PR文も9割方完成。一晩寝かせてみて、明日完成すると思う。
よほどのことが無い限り明日中には終わる・・・はず。

結局最初に書いたやつをベースに加筆修正になってしまった。

よし、寝よ。
別窓 | 放言 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
え~っと、うん。
2008-02-07 Thu 23:27
履歴書、明日がヤマです。
少ししか書けていないので、明日は時間をフルに使わないときついかな。
最近、アイディアの引き出しが減っているのが悩みの種。

どうにもならないから開き直る。


とりあえず明日、すべてが決まる。



今日のあれこれ。

録画の謝罪は人としてどうかと。
編集次第でどうにでもなるしね。
亀田家ですら生、しかもマスコミ付でやっているわけだから、マスコミ付は無理でも生放送のニュース番組の尺頂いたなら使え、と。
まぁ本気で謝りたいなら録画はタブー。
明日のラジオも生以外は禁止かな、avexさん。


今日はおしまい。
別窓 | 放言 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
むふっ
2008-02-06 Wed 23:09
現在、提出期限の迫っている自己PR文を書いているのですが、何パターンか書いてみることにしてみました。
が、2パターン目で不可解なことが発生しました。

通常、文を書くときは起承転結というものがルールとなっています。
パターン1は結が中々でてこなくて困ったのですが、パターン2は承・転が全く筆が進まないというアリエナーイ状況です。
どうやったらそんなことになるのか知りたいぐらいです。

さ、今夜も睡眠時間削って少しでも書くぞ~

じゃ。
別窓 | 放言 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
変則でもいいじゃないか
2008-02-05 Tue 18:55
みなさん、こんばんは。今年になって同じ場所でABSがかかってちょっと怖い体験をした静寂です。
冷え込んだ深夜に、橋の上で車を停止するときは気をつけましょう。


何クールにも渡って放送されるアニメは1クール毎にOP・EDを変えるのが最早慣例と化しています。
別に1クールで変えるのもいいんだけど、アニメ好きといたしましては、そのアニメを象徴する曲というのが非常に曖昧になってしまったように思えます。
例えば日テレ月7は、BJにしろ結界師にしろコナンにしろ、その作品の曲といえば?と問われた場合即答できますか?
TBS土6のガンダムSEED及びSEED DESTINYの代表曲といえば何?と聞かれても答えられますか?

昔のアニメといえば、何クールやろうがOP・EDが変わることは稀でした。
だから昔のアニメだと、マジンガーZの曲といえば?ゲッターの曲といえば?と尋ねられてもで即答できるでしょう。
でも、最近のは・・・多いのもありますが、その作品を象徴する曲がなくなっているように思えてなりません。いい事なのか悪いことなのかは別問題でね。

私個人の意見ですが、OP EDを変えるのなら、話として一区切りついたら変えるのが一番ふさわしいかと。それが2クール目の半ばでもね。
それなら、OPに合わせる為に1クール半かかる内容を1クールに圧縮しなくても済むし、次のクールが時間を持て余す(回想や後に黒歴史と言われる話数の発生)可能性を極力抑えることもできるしね。
個人的に、リリカルなのはStrikerSのOPの交代はすごくうまいと思った。


最後になりますが、私は1クールで交代するのを悪いとは思っていません。だって歌い手も生活がかかっていますからね。
ただ、愛される作品の楽曲となるには・・・1クール半OPを飾る曲や、一ヶ月だけしか流れない曲の存在が必要不可欠だと思う。

あくまで個人的な考えですが。


今日はおしまい。
別窓 | 戯言 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
何かが起きているZwei
2008-02-01 Fri 23:59
仕事ですが、地味に忙しかった。
さすがにイベントが3つ重なるとしんどいわ…

明日は休みで、3日連続で深夜勤務デス。
全力で体調管理しよ…まだ寒いし。

みなさま、風邪やインフルエンザと添い寝しないように気をつけてください。


今日はおしまい。
別窓 | 放言 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 静寂の『世界の最果てで何をする?』 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。