スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
強きに諂い、弱きを挫く
2006-10-17 Tue 23:20
静寂が一番嫌いな権力の縮図です。
なんでこんなことを書いているかというと、巷で騒がれているいじめによって自ら命を絶った人がでたからです。
なんで弱いものいじめするのか理解できません。弱者を叩いたって良い物は生まれませんよ。
不思議なのは、自分の人生に幕を下ろす原因を作った人間への罰があまりにも優しい(というか生ぬるい)ことです。
人の命を奪ったのに、命の対価が懲役数年ですよ?別に命の対価を命で払えとはいってませんが。
人間というものは、絶対同じ人間は生まれることはありえないんですよ。
ひどく冷めた言い方をさせてもらうと、
あなたが殺した人間が将来できたであろう国への貢献をあなたはできるのか?
ってことです。
学校教育でいじめというものをしっかり教えるべきですね。
教える側がやっていたら反面教師にするぐらいの勢いで。
・・・つか、噛み付くなら間違っている権力者に噛みつけよ。

今日は終い。
スポンサーサイト
別窓 | 放言 | コメント:0 | top↑
<<どうなのよ? | 静寂の『世界の最果てで何をする?』 | 悪いのはだれ?>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| 静寂の『世界の最果てで何をする?』 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。