スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
本物か便乗か
2006-11-10 Fri 22:20
文部科学省に自殺予告文が届いています。
最初の一人は別として、身元が把握しにくい人は騒ぎに便乗しているような気がします。
真摯な想いを送る人もいれば、娯楽にしている人もいる。
なんだろうね一体。

それにしても死を安易に考えてるよ。死ねば解決するかというとそうでもないのが事実です。
考えてみてください。
死んだ人間は今の苦しみから解放されるかもしれません。
しかし、いじめが原因で自殺して遺書を残しても、自殺の原因をいじめにしなかったり、自殺や遺書を隠したりするんですよ。
学校や教育委員会が隠せば、自らの死をもって自殺を告発したことも抹消されて、加害者は新たな被害者を探し、また自分と同じ人間が生まれるんですよ。
もし自らの死をもって告発したいのなら、学校・教育委員会・文部科学省・マスコミ各社に送るなどしてやってほしいです。
だからといって死んで解決しようという考えは捨てて欲しいです。
一番の解決法は内部告発じゃないかな?

今日は終い。
スポンサーサイト
別窓 | 放言 | コメント:0 | top↑
<<学生の携帯電話 | 静寂の『世界の最果てで何をする?』 | 日米野球が終わって・・・>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| 静寂の『世界の最果てで何をする?』 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。