スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
昨日は・・・
2007-01-11 Thu 23:21
一昨日の徹夜で昨日は帰ってすぐに寝てしまいました。
徹夜なので当たり前ですが昼は本当に眠かったです。
幸運なことに昨日は午後が休みだったので早々に帰宅して仮眠を数時間してから夜に爆睡してました。
本当は眠気もなかったので仮眠を取るつもりはなかったのですが、まるで落ちるかの如く横になったら寝てしまったのです。
で、今日はいつものように軽い頭痛に悩まされましたとさ。
これが昨日ブログが簡潔だった理由です。すみませんでした。
なので今日はボリューム増量(?)で書きます。

最近になってですが、なぜか楽天とソフトバンク(SB表記も含む)の文字を見たくありません。
ネットサーフィンでこの文字を見ると即行でその画像表示をOFFにします。
好き嫌いもせず極端な贔屓をしない静寂ですが、最近は見るのも嫌です。
なんででしょうか?全くわかりません。

次にプロ野球のゴールデンイーグルスの元マスコットのMr.カラスコがまたまた笑わせてくれました。
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070111-00000117-mailo-l04
例の如く数日は一部引用して『続きを読む』に残しておきます。
彼は一体何をしたいんでしょうかね?
昨年末には球団にポスティングシステムでの移籍を強引に要求したり、プロレスへの移籍と噂されたり、親会社の悪評を忘れ去れてくれるぐらいの活躍(?)をしてくれてます。
次に何をやってくれるのか楽しみです。

最近の音楽業界ですが、J-POPを引っ張っているであろう人たちはカバーシングルが未だに流行りのようですが一体どうしたんでしょうか?
第一カバーって別の人の曲なわけですし、売れてもカバーした歌手の実力ではなくてその曲を作った・歌った人がすごいってことだと思います。
ですからカバーで売り上げを立てようという考えは捨ててほしいです。(ただしカバー曲を自分が提供していた場合は別ですよ。)
カバー曲を歌いたいのならアルバム内の一曲程度にとどめてほしいです。シングルは断固反対。

もう一つ音楽ネタ。
よくコラボ曲が発表されるとマスコミ連中は『夢のコラボレーション』という冠詞を付けたがりますがこれには異議があります。
夢のコラボって、コラボする者が違う事務所で全くビジュアルやらジャンルが違えばいいんですが、大抵は同じ事務所でジャンルが同じ人なんですよね。
ttp://music.yahoo.co.jp/music_news/d/20070111-00000298-bark-musi
でこれは最近発表されたコラボ曲。さっきと同じく一部引用でいつもの場所にいれときます。
また『夢の~』ですね。2人(厳密には1人と1組ですが)はワーナーミュージック・ジャパンに籍があるんですよね。
マスコミの方にはもう少しボキャブラリーを増やしてほしいな。
ちなみに静寂がこの記事にタイトルをつけるなら、
絢香とコブクロのコラボレートが決定
と脚色は小さいですが、事実を正確に伝えるタイトルにします。


今日はお終い。

宮城県職員採用試験に挑戦 村井知事の激励受けるも…カラスコ不合格

 プロ野球球団 東北楽天ゴールデンイーグルスの非公認マスコット「Mr.カラスコ」は10日に産業廃棄物などの不法投棄を監視する県職員の採用試験に挑んだが不合格となった。試験前に村井嘉浩知事から激励されていたが、公務員になる夢はかなわなかった。
 県廃棄物対策課は不法投棄防止活動に取り組むカラスコを評価し、「特別非常勤職員」として採用するための面接試験を実施したが、カラスコははしゃぎ回っただけで能力をアピールすることができなかった。面接を担当した長井嘉一郎課長は「残念な結果です」と話した。
 この日、仙台市の試験も受けていたが合格できなかった。

1月11日朝刊 毎日新聞


絢香×コブクロの夢のコラボレートが決定

コラボレートは、レーベル・メイトでもある彼らがフジテレビ系音楽番組『MUSIC FAIR』にて、それぞれのヒット曲をコラボレーションし、その収録の際に意気投合したのがキッカケだ。
そして絢香がコブクロに、昨年の8月21日に行なわれたワーナー・ミュージック・ジャパンのコンベンションで一緒に歌いたいとオファー。
そのオファーに対し、コブクロは“どうせやるなら曲を作ろう”と快諾し、後日完成した楽曲がコンベンションにて披露された。それが「WINDING ROAD」だ。
今回の楽曲に対して絢香は、
“この「WINDING ROAD」は、3人の出会いから、そして音楽に対する愛情から生まれた曲です。これから進むであろう道、お互い別々だけど光の差す方へ、夢や憧れを大切に進みたい。そんな思いが込められています。”
とコメント。さらにコブクロは、
“歌詞のテーマはそれまでにメールのやり取りを繰り返し、自分たち自身の中にある「思い」や「今まで巡って来た道」、これからへの未来への期待など、さまざまな思いを書き、そして伝え合いました。僕らも歌っていてとっても力をもらえる曲です。”
と話している。
またこのCM ソング発売にあたり、日産自動車とワーナーミュージック・ジャパンは、新ミュージック・レーベル『CUBE LOVES MUSIC』を発足し、この「WIDING ROAD」は第一弾のリリースとなる。車種ブランドを活用したミュージック・レーベルは業界初で、“キューブ”の魅力を“音楽”という形で表現し、車の中だけに留まらず、ライフスタイルまでも彩りたいということがコンセプトとされている。

1月11日 12時27分 更新 BARKS
スポンサーサイト
別窓 | 放言 | コメント:0 | top↑
<<行ってきましたYO | 静寂の『世界の最果てで何をする?』 | 眠い・・・>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| 静寂の『世界の最果てで何をする?』 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。