スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
やっぱこうなったか~
2007-11-02 Fri 23:30
蝶個人的な記事。

アロンソ、マクラーレンから移籍へ=F1
http://news.livedoor.com/article/detail/3372223/

開口一番は『やっぱこうなったか~』と。
F1のチームは、ファーストドライバとセカンドドライバに分けて、セカンドはファーストをサポートするというのが多く、特にミハエル・シューマッハが現役だったころのフェラーリはその最たる例でした。(本来は違反なのだが、暗にやっているのが実情)
ですがマクラーレンは『ジョイントNo.1』というファースト・セカンドをわけずに対等に扱うことを長くやっていました。今年も表向きはジョイントNo.1でした。

しかしそれを曲げなくてはならないことが起きてしまいました。それが今年の新人 ルイス・ハミルトンです。
ハミルトンは1998年にマクラーレンと長期契約してキャリアを重ね(まぁ俗に言う秘蔵っ子なんですが)、今年からF1参戦してみなさまご存知の成績を残しました。
ハミルトンが予想外に活躍してしまった故にマクラーレンのボス ロン・デニスを狂わせたんでしょうね、ジョイントNo.1を謳いながらアロンソよりハミルトンを贔屓してました。

表向きは対等に扱うといいながらハミルトンを贔屓するトップ。チームも若干ですがハミルトン贔屓の空気が流れていました。それ見ればアロンソは居心地が悪いでしょうね。
まぁハミルトンは長年マクラーレンに在籍し、アロンソはまだ『他所の人』ですからそうさせてしまったのでしょうが・・・
関係の修復がしようもなくなったのはハンガリーGPの予選でしょうね。
普通の状態のチームならあそこまで冷え切った結果を産まなかったでしょう。

で、ワールドチャンピオンも獲れなかったし、マクラーレン側も違約金なしの移籍も容認したし・・・で移籍表明でしょうね。
どこに行くかわかりませんが、できれば自分を立ててくれるチームにいきたいでしょうね。
現時点ではウィリアムズが濃厚らしいんですが・・・どうなるやら。
今年のストーブリーグは熱いな。

今日はおしまい。
スポンサーサイト
別窓 | 放言 | コメント:0 | top↑
<<人と人は違うもの | 静寂の『世界の最果てで何をする?』 | アクセス解析 2007年10月>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| 静寂の『世界の最果てで何をする?』 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。