スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
チマチマやってます
2008-02-14 Thu 15:00
ブラウザのBookmarkもチマチマと整理中。
このブログでいいだしてから30ぐらいは消した?かな。
結構リンク切れがあったりしてビビった。

そういやこのブログ、開設してからそこそこ経っていますが画像ファイル数がそんなに多くないです。
バナーやサムネイルされたものを含めても70以下です。・・・自分でも意外でした。

バナー張替えのときに古い画像を削除しているのが要因かな?
いい事か悪いことか知りませんが、結構しょぼいな~w

なんかチマチマと削る作業が好きだったりする静寂でした。・・・なんだかな~



そういえば、大分昔に漫画やパソコンの普及が活字離れに拍車をかけているとかいう記事を読んだ記憶があります。

活字
活字は、狭義においては活版印刷の際に文字の図形を対象(特に紙)に印字するもので、木や金属に字形を刻み、それにインクをつけて何度も印刷できるようにしたものである。
また広義においては、写真植字の文字盤やデジタルフォントをはじめ、広く文字を同一の字形で繰り返し表現するものを含む。

Wikipediaより引用

狭義だけなら漫画は該当していますし、広義までいけばC言語も該当しますから、一概に活字離れ=漫画やパソコンの普及とはイコールではないですね。
ただ言えることは、『活字』として扱われていた媒体の幅が広がったにも関わらず、集計の対象が何十年以上も変わっていないということです。
広く捉えれば学校で配布するプリントや教科書、補足用の資料、果てはパンフレットやTシャツも該当します。
・・・ここは推測なんですが、おそらく活字としてカウントされているのは新聞と、ライトノベルなど青少年が読むような小説以外の小説(わかりやすくいえばお堅い部類の本)なんだと思います。
正直、小学生が新聞はまだしもお堅い本を読んでいると・・・それはとても異様な光景ですよ。
もちろん読む奴はいますが、限りなくゼロだと思いますよ。

ライトノベルは、高校までいけば卒業してお堅い本を読む奴もいますが、高校時代にそこまでいったやつは1人いたかどうか・・・
新聞も、大抵の小学生は新聞はテレビ欄とスポーツ記事と三面記事ぐらいで、中学ぐらいになれば地域。高校になれば全部いくかもしれませんね。そんな次元。

でも大抵のやつは新聞や小説には目を向けず、雑誌や漫画です。そんなご時勢です。
もし、活字が紙に印刷された書物まで及ぶのなら・・・思ったより活字離れはしていませんよ。

それに、ネットでニュースを読んでいる奴もちゃんとカウントしてあげてね。
ネットにあがっているやつは漫画化されずに、紙面と同じく文字だから。


長々駄文だったけど、どこまで活字と定義するかによって数字は変わるよ、といいたかったのさ。

おしまい。
スポンサーサイト
別窓 | 戯言 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<明日はフットワーク軽く… | 静寂の『世界の最果てで何をする?』 | あうあ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| 静寂の『世界の最果てで何をする?』 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。