スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
曜日感覚
2008-04-29 Tue 23:59
バイト先が年中無休なために、意識しないと曜日や祝祭日の感覚がなくなっていきます。
特に今日は昭和の日で国民の休日でしたが、普通にバイトだったし。

シフトは出来る限り同じ曜日に仕事を入れるようにしているのでギリギリ残っているのですが、祝祭日は・・・カレンダーみて思い出すレベル。
今日なんか『平日なのに人(来店者)多いな~』と思ったぐらいです。

どうやったら曜日や祝祭日を忘れなくなるのかな?カレンダーみればいいのかな?


話変わりますが、今年のプロ野球は予測がつきませんね。
セはオフに大型補強しようとして巨人の大金でコケた阪神が一位。
昨年王者・中日が二位。
ヤクルト・巨人・広島が争い、運に恵まれたチームが暫定三位の混戦。
横浜がぶっちぎりの六位。

パは首位と3.5ゲーム以内に5チームの順位変動がいつでも起こりえる状態で、西武が現時点で首位。
楽天が誰も予想していなかったであろう二位。
ロッテと日ハムの三位争い。(というか、この2チームは順位争っているのが普通に見えてきた)
少々出遅れているソフトバンク。
オリックスは順当(?)な六位。

この時点で予想外の成績なのは巨人・阪神・ヤクルト・楽天かな。
巨人は去年のリーグ戦首位の上にラミレス・グライシンガーなど大型補強したにも関わらず、投打がイマイチで、エース上原が不調で二軍落ち。
高橋由と生え抜きの若手が元気なのが明るい話題かな。

阪神はオフに大型補強しようとして、巨人が大金を投入したために思ったより選手を獲得できなかったことがありましたが、選手全体が元気ですから当面は安泰かな。
不安なのは夏、しかも死のロードの後ぐらいでしょうか。

ヤクルトはラミレス・グライシンガーの移籍や古田ファミリーの離脱で選手層が薄くなりましたが、若手の台頭や打撃が好調なのが三位争いで抜け出す原動力なのかな。
ただ投手陣がイマイチで、先発は石川・村中以外は防御率が・・・。
夏に急激な失速する可能性が結構高そう。そこが踏ん張り所かも。

楽天は投手の台所事情が厳しいけど、田中将が『二年目のジンクス』にハマっていないことと、岩隈の復活が大きいですね。
打撃は去年にも勝るとも劣らない火力なので、ネックだった投手陣の好調が現在二位の原動力なのかな。
後は一場の復活と絶対的な中継ぎがあれば今年は大躍進もありえるかも。

今年のクライマックスシーズン出場はどのチームになるのかな。
スポンサーサイト
別窓 | 放言 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<GW後半とか | 静寂の『世界の最果てで何をする?』 | true tears観てますが…>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| 静寂の『世界の最果てで何をする?』 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。