スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
一周しましたので・・・
2008-06-23 Mon 03:56
戦女神ZERO、無事一周しました。
簡単な攻略ポイントを少しネタバレいれて書いたので、続きのほうに書きます。
完全ネタバレは後日。
・・・というか、CGと回想をコンプしてないのでなんともいえない部分があるので。


最後は幻燐に繋がる終わり方でした。久しぶりに姫将軍観たよ。
戦姫EPISODE-4は幻燐2から戦女神1へのお話だから・・・セリカの使徒も登場か。懐かしいな。

ちなみに戦女神ZEROでわかったことが一つ。
戦女神2のセリカの使徒の中で、一番毛色の違うマリーニャが使徒としている理由が戦女神ZEROで何となくわかると思うよ。公式発表じゃないけど、何となくそんな気がするってレベルでな。

個人的にシナリオは四部構成だと思っているので、エウシュリーの公式HPのキャラで書かれている第〇代目の主人公を参考に
第一部=嵐神の神官戦士セリカ
第二部=神殺しセリカ
第三部=神殺しハイシェラ
第四部=神殺しセリカ
で話を進めます。

感想として、召還キャラ以外はシナリオ進行でパーティーからどんどん外れていきますので要注意。
誰がどのポジションを担当するか決まれば大概なんとかなります。
攻撃2 補助2 回復1のメンバー構成が無難で、メンバーによっては攻撃か補助を減らして他を増やす・・・という感じです。
ただ、攻撃1 補助1 回復1は鉄板なので注意。レベル差があれば何とかなりますが、一周目に補助なしで勝つには結構しんどいです。


第一部は人間セリカが神の肉体を得るまでのお話。
シナリオが進むにつれ、セリカを取り巻く人間が少しずつ変わっていくのが恐い。
最終的にセリカも無理やり変えられる。

戦闘で注意するところは、ドラブナの森でボスは槍ではなく幽霊を倒さないと永遠に終わらないってところと、ニアクールで『圧倒的な気配の主』戦で生き残るのが最重要だってことかな。
第一部のラスボスは後のセリカの肉体たる女神アストライア。
戦女神やったことある人なら〇〇初登場の瞬間にピンと来るはず。あ、彼女かと。


第二部は神の肉体を得たセリカが記憶を失いながらマクルの街を目指すお話。
タイムテーブルは第一部終了直後に第二部開始です。
スタート時点でマクルの街のバリハルト神殿は色々やばいことになってる。
野郎はどうでもいいとして、バリハルト神殿の女性神官の末路は約一名を除いてひどいことになります。

第一部はカヤかサティアが回復役でしたが、第二部から最後まで回復役が固定になり、リ・クティナが担当するハメに。・・・というか第二部以降彼女以外回復スキルないし。
マクルの街へ行く前にドラブナの森の奥まで行くと召還キャラが一人増えます。
第二部のラスボスはマクルの街の有名人。物理火力と対魔法さえできれば余裕。


第三部はハイシェラがアストライアの肉体を借り受けた時のお話。
タイムテーブルは第二部終了から50年後。
超要約するとハイシェラとアムドシアスの痴話喧嘩にマーズテリアがちょっかい出す・・・てな感じ。
ハイシェラ自体強いのに、更に神の肉体を得たために単騎でも結構強いw
そして、何気に選択を問われる回数が多い。二周目で色々試してみますが、他当たったほうが情報でてるかも。
第三部のラスボスは魔神アムドシアス・・・なんだけど、ちょいと違う。そしてムダに火力高い。
戦闘後、ハイシェラの過去が明らかに。


第四部は再び神殺しセリカが主人公。段々と物語の核心に迫っていくことになります。
タイムテーブルは第三部終了後から120年後。オープニングから計算すると170年の刻が流れています。
そのためセリカを知っている(マクルの街やバリハルト神殿での事件のこと)のは極々少数になっており、更にセリカ自身も記憶の大半を失っており、そのためにちょっと面倒なことになったりもします。
第四部ながら召還キャラ以外は相変わらず出たり入ったりの繰り返しになりますが、召還キャラを含めると5人越えるので陣形の支援枠をフル活用できます。

物語終盤から敵も蘇生スキルを使い出すので気をつけるように。
ぼけ~っとしていると持久戦になるのでw

シナリオ分岐とかで最終メンバーが変わるのかわかりませんが、私のときは
セリカ レクシュミ 白銀公 パズモ・メネシス リ・クティナ リタ・セミフ ナベリウス アムドシアスの8名。
で、パーティーはセリカ レクシュミ 白銀公 パズモ・メネシス リ・クティナで、サポートにナベリウス アムドシアス。

ラスボスは屑鉄の谷からお付き合いの『怨怨怨怨』言っている怨霊。
正体は〇〇の妹、〇〇。

攻略法としては・・・というかこれ攻略法かわかりませんが、純血のアタッカーたるセリカとレクシュミはひたすらチャージ5で全体技を繰り出し、一体になったら単体スキルをぶち込む。
白銀公は地脈の抗体と魔術・強化でサポート特化。ヒマなときはアイテムでMPやTPを回復させてました。
パズモ・メネシスは魔術・戦意で味方の気力を限界まであげつつ、敵の気力をさげる役。白銀公同様ヒマなときはアイテム回復。
リ・クティナはただただ回復。再生魔法は白銀公で足りるので、ひたすら回復。HPを常にMAXにする勢いでがんばり、ヒマなときはアイテム回復。
これで十分勝てます。

戦闘終了後にタイムアタックが待ち受けてますが・・・ボス戦のあとなので逃げることお勧め。
ナベリウスがいるならサポートユニットにまわしておくと相手の行動フレームが味方より5多い状態で戦闘が開始されるので、ノーダメージで逃げ切ることも十分可能だったりします。
スポンサーサイト
別窓 | 娯楽 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ありません | 静寂の『世界の最果てで何をする?』 | 聖地巡礼?>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| 静寂の『世界の最果てで何をする?』 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。